読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 鵜久森大爆発

東京ヤクルト

こんばんは。

今週前半は台風来襲で大変な思いをしましたが、来週も台風が上陸する可能性があるとか。前回よりも勢力が強いらしいので、警戒をしないといけませんね。

 

さて、今夜の阪神戦ですが、最近5番で先発出場している鵜久森が大爆発。満塁本塁打にタイムリーと一人でチーム全てとなる5打点を稼ぎ勝利に貢献しました。先日のエントリーでも書きましたが、彼はまだヤクルトに来シーズンも残留できるか分からない立場だと思いますが、今日の活躍でかなり近づいたのではないでしょうか。山田、バレンティンがともに好調で(特にバレンティン。ボール球に手を出さず、四球を稼げるようになっている)、ランナーが溜まった場面で打席に立つことが多い中、きっちりと成果をあげました。元々は右の代打を主な仕事として獲得した選手ですが、彼はスタメンで出ていた方が活躍できるタイプのようです。鵜久森が活躍してくれると、逆に代打での活躍が目覚ましい今浪をベンチに残しておけるので、試合終盤で切れるカードが多くなり、首脳陣は助かっているはずです。

川端、雄平が復帰してもファーストは空いているので、引き続き活躍を期待したいものです。

ちなみにこの試合、ファーストでスタメン出場した荒木もいい仕事していました。(鵜久森はライト)荒木が決めたバスターが鵜久森のグランドスラムをお膳立てしました。切磋琢磨して欲しいですね。

 

まだ復帰して3試合目の山田ですが、体調の心配は必要なさそうですね。3安打2盗塁をマーク。2年連続のトリプルスリーまであと盗塁1つのみとなりました。(打率が大きく下がらなければ)特に二つ目の盗塁のスタートは完璧で、キャッチャーの送球も良かったのに、余裕のセーフ。若い阪神捕手の坂本を揺さぶり、これは明日以降にも効いてきます。山田が二塁に行くと、バレンティンを警戒し四球。そして5番打者というシーンが増えますので、前出の鵜久森が好調だと、大量得点が狙えます。

 

投手陣の方ですが、デイビーズが5回3失点。いつもはストレートでも145キロ以下なのですが、それを超えるスピードを出すこともあり、好調だったのではないでしょうか。それだけにもうあと1〜2イニングは投げて欲しかった。彼はコントロール悪くないのですが、突然変な所で四球を出す癖があり球数を損しています。そこが修正できれば、もう少し長いイニングを投げられると思うのですが。鵜久森同様、来シーズンの契約が微妙な立場なだけに、残りの試合でも結果を残し続けることが求められます。

 

これでヤクルトは3連勝。虎の尾っぽが見えてきました。まずは明日の試合に勝ち、今カードの勝ち越しを決めてしまいましょう。

 

ではまた。