読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 一本が出ず連勝止まる

こんにちは。
近所の桜も満開になりました。
f:id:paradoxs:20160403173041j:image
連勝で燕も満開と行きたいところでしたが、最後の一本が出ず敗戦。

ポイントは6回と9回。
どちらも一死でランナーを三塁まで進めているのに点が取れなかったところ。
6回は山田の二塁打で逆転し、一気に畳み掛けられるところを、雄平のしょぼいファールフライでチャンスを潰しました。
9回は抑えの福谷を攻め、同点に追いつける絶好の機会を坂口の中途半端なスイングで三振を取られ、チャンスを不意に。
どちらも綺麗なヒットが必要ないシーンで点が取れなかったのは痛かった。

ご存知の通り今年からコリジョンルールが適用され、ちょこっと内野ゴロを打てば本塁でのクロスプレーから生還できる可能性が格段に上がっています。これは外野フライからのタッチアップでも同じ。一死三塁で最もやっていけないのが、三振と浅いポップフライです。

ヤクルトは巨人との三連戦でコリジョンルールを意識しすぎて、三塁ランナーが憤死したり、いまいち、このルールを上手く活用できていないように感じるのは私だけでしょうか。

このルールを上手く活かすための打撃、走塁について再度ミーティングをしてもらいたいものです。

先発の原樹理はまずまずの投球でした。昨年わずか二本しかホームランを打っていない桂の一発は余計でしたが、7回3失点は及第点だと思います。
また秋吉が四人を相手にキッチリと抑えてくれたのも朗報です。

明日は移動日で、明後日からは広島との二連戦。館山が登録抹消されているので、山中か新垣でしょうか。まずは初戦必勝で、出来れば連勝を。

来週は海外出張で更新途切れ途切れになりますが、引き続きよろしくお願いします。

ではまた。