読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 評論家のセ・リーグ順位予想まとめ

こんにちは。

いよいよ開幕が明日に迫りましたが、今回は評論家のセ・リーグ順位予想をまとめておきます。優勝チームの理由と、ヤクルトに関するコメントのみを抜粋してありますので、詳細にご興味があればリンク先でお読み下さい。

 

既に私の順位予想は次の通り発表しています。(パラドックスの順位予想

1位 ヤクルト 2位 巨人 3位 広島 

4位 横浜   5位 阪神 6位 中日

 

前田幸長の予想

「セはヤクルトの連覇と予想。バーネットの抜けた穴はオンドルセクでカバーできそうだし、打線は相変わらず強力。」

 

大下剛史の予想

セは大混戦の様相で予想も難しいが、期待を込めて阪神を1位とした。金本監督が徹底した意識改革を行い、今年は見違えるようになった。チームが一丸となっていてムードも非常にいい。大本命とは言い切れないが、やってくれそうな予感はする。 

ヤクルトは優勝の立役者となった救援陣のロマン、オンドルセク、バーネットの3投手のうち、2人が欠けた影響が出るとみる。昨年は先発が6回まで持てば必勝リレーで切り抜けられたが、今年も同じ野球ができるのか。トリプルスリーの山田がオープン戦でパッとしなかったのも気がかりだ。

 

伊原春樹の予想

セはどこの球団にもチャンスはありそう。阪神を上位にしたのは、金本監督に引っ張られて選手が乗っているから。混戦を抜け出すにはムードづくりも不可欠。おそらく金本監督は高山を使うだろうし、新人王を取れるんじゃないか。 

(中略)

ヤクルトは先発の力がちょっと足りないか。

 

伊勢孝夫の予想

ヤクルトは畠山とバレンティンがケガで遅れたし、バーネットの抜けた穴も引っ掛かる 。

(中略)

ここまで大きな故障者を出さず、新人の高山ら戦力も増した阪神が頭か。カギを握るのは藤川で、彼が8~10勝して負けが4つ、5つくらいなら。シーズンでは必ずチーム状態が悪くなる時がある。その時、金本監督がどんな采配を見せるかもポイントだ。

 

宮本慎也の予想

<1>阪神 <2>巨人 <3>ヤクルト 

<4>DeNA <5>広島 <6>中日

最も好感を持てたのは阪神。金本新監督のもと、やる気に満ちている。何よりもいいのは、金本監督のチーム改革に向けて取り組んでいる方針にブレがないところ。選手1人1人に対してのコメントを振り返っても的確で厳しさもある。

 

和田一浩の予想

<1>阪神 <2>巨人 <3>中日 

<4>ヤクルト <5>広島 <6>DeNA

一番変わったのは阪神だろう。練習にも緊張感がある。主力選手の高齢化や抑えの呉昇桓がいなくなり、全体的な戦力は低下。しかし、それを補うだけのプラスを感じる。練習を見ていても緊張感がある。ベテランにも闘争心を感じるし、若手にも激しい競争意識がある。未知数の新戦力にも、それなりの手応えを感じるし、チームの総合力は上がっている。優勝チームとして予想させてもらった。

 昨年の優勝チーム、ヤクルトをBクラスの4位に予想したのは、意外に思われるかもしれない。バレンティンは開幕からしばらく復帰できそうにないが、ほとんど試合に出場できなかった昨年よりは出られるだろう。戦力的な顔触れを見ればプラスが見込めるが、他の主力野手が昨年と同じ活躍をするとは思えない。開幕前までの状態を見ても、昨年同様の活躍が見込めるのは川端ぐらいだろう。

 プロの世界で好成績を残した打者が、翌年も同等の成績を残すのは至難の業。研究され、厳しくマークされる中、同様の成績を残すためには、技術やパワーの向上が不可欠。コンディションを維持する程度では、成績アップは見込めない。うまく乗り越えても、それなりの成績を残せる程度だろう。抑えのバーネットが抜けた穴を補えるだけのプラスアルファは見込めないと思っている。 

 

権藤博の予想

<1>巨人 <2>阪神 <3>ヤクルト 

<4>DeNA <5>中日 <6>広島

巨人を評価したのは、山口、マシソン、沢村の後ろがそろっている点。阪神、ヤクルトも抑えがそろえば1位もある。 

 

西本聖の予想

<1>巨人 <2>阪神 <3>ヤクルト 

<4>DeNA <5>広島 <6>中日

いろんな問題が起きている巨人は、こういうときこそファンに戦う姿を見せて欲しい。高橋監督は選手と年齢が近く、ひとつにまとめることができれば総合力はある。

(中略)

ヤクルトは抑えがいなくなった。このところ巨人以外の連覇がないのも気になる。 

 

篠塚和典の予想

<1>巨人 <2>阪神 <3>ヤクルト 

<4>広島 <5>中日 <6>DeNA

阪神は呉、ヤクルトはバーネットと、ともにクローザーが抜けた。

(中略)

経験を積んだ沢村のいる巨人にアドバンテージがあるのではと考えた。先発陣の心配はあるものの、阿部が捕手に戻って来れば安心感が出る。開幕にいないのは痛手だが、打線に厚みをもたらすためにも、OBとしては早期復帰を願う。開幕前に悪いニュースが相次いだ巨人にとっては、いいスタートを切ることが大事。そうすれば野球に集中できる。 

 

小宮山悟の予想

<1>広島 <2>阪神 <3>巨人 

<4>DeNA <5>ヤクルト <6>中日

広島はマエケンの穴は大きいが、希望的な観測として福井に代わりの存在になってほしい。その場合、福井の穴は新人の岡田、横山で埋まる。福井は自分をコントロールできるようになり成績が伴った。一本立ちすれば、打線がルナの加入で昨年のような惨状はないからおもしろい。

(中略)

ヤクルトはバーネットとロマンの穴が大きく 

 

佐々木主浩の予想

<1>巨人 <2>ヤクルト <3>阪神 

<4>DeNA <5>広島 <6>中日

巨人はチーム内競争ができてきた。三塁も外野も。阿部が復調して捕手ができればバランスがとれ、6番に入ったら怖い。あとは1、2番をどう固定するか。立岡、長野、大田、亀井、新人の争いがおもしろい。ヤクルトはバーネットの抜けた穴は大きい。バレンティンが戻って打線のバランスがどうなるか。 

 

緒方耕一の予想

<1>巨人 <2>阪神 <3>ヤクルト 

<4>中日 <5>広島 <6>DeNA

特にヤクルトと阪神は、助っ人の比重が高かった。依存度と新外国人の状態を比較し、戦力に減点の少ない巨人を1位とした。 

 

里崎智也の予想

<1>巨人 <2>ヤクルト <3>阪神 

<4>DeNA <5>広島 <6>中日

巨人はクルーズの加入が大きい。内野ならどこでも高いレベルで守れるから、他の選手の使い方に幅ができる。昨年からの戦力ダウンはほぼなく、優勝候補の筆頭だ。

 ヤクルトは優勝の原動力だった外国人3投手による勝利の方程式のうち2人が抜けた。新外国人が不透明な分、2位に予想した。 

 

遠藤一彦の予想

阪神の金本監督は選手のやる気をうまく引き出し、明るくいいムードをつくっており、今年は大いに期待できる。

(中略)

ヤクルトはチーム力はあるが、去年とは他球団の対応がまるっきり違ってくる。 

 

宇野勝の予想

セは巨人を1位に挙げる。キーマンは坂本。彼ぐらいの力ならば東京ドームで打率は2割7分ぐらいでも30本は打てる。経験豊富な内田打撃コーチが一軍に復帰したこともプラスになる。 

 

遠山奨志の予想

戦力面、チーム状態を考えればセは阪神が抜けている。タイガースOBだから言うのではなく、一解説者としてそう思う。先発投手ではメッセンジャーがかなり活躍するとみる。体調はよさそうだし、体も絞れている。中継ぎも高橋が加わり厚みが増し、抑えのマテオもある程度使える。打線も高山、横田ら若手が出てきた。西岡が元気なのも大きなプラスだ。 

 

得津高宏の予想

セは阪神。戦力的に一番不安要素が少なく、金本監督のつくり出すチームの雰囲気もいい。一気に走るかもしれない。 

 

野村克也の予想

 

 1位:巨人 2位:ヤクルト 3位:阪神 

4位:広島 5位:中日 6位:DeNA

去年の巨人は自滅でしょ。普通にやってればゆっくり優勝できた。その恩恵を受けたのがヤクルト。(キーマンは)阿部だね。ファーストやったりしていた。あれものすごく嫌なんだよ。俺もキャッチャー出身だから余計に感じるんだけど、(キャッチャーは)第2監督よ。守ってる時は監督以上のことをやってる。だから、キャッチャーを重視する監督っていうのは信用できる。

 

 

中畑清の予想

1位:阪神 2位:ヤクルト 3位:DeNA 

4位:巨人 5位:広島 6位:中日

(巨人4位予想は)計算できるピッチャーっていうのは今のところ菅野一人っていうチーム状況の中で暗い話題が多すぎる。笑顔を作れない球団の事情もあってさ。勢いの出ないチーム状況になるとマイナスイメージがすごい強い。(阪神1位予想の根拠は)金本なんですよ、僕。選手を操縦する技術っていうのかな。褒めたり、けなしたり、落としたり。それが明確に出る。今の選手達ってそういうものがハッキリ出た方がわかりやすくてついていきやすい。

 

槙原寛己の予想

1位:阪神 2位:ヤクルト 3位:巨人 

4位:中日 5位:DeNA 6位:広島

(高山俊の名前を挙げ).280、広い甲子園で(ホームラン)15本打てれば十分じゃないですか。多分新人王をとってくれる。ドラフトでヤクルトに行ったのかと思ったら阪神にきたっていう縁も感じて。 

 

ギャオス内藤の予想

(1)ヤクルト(2)阪神(3)巨人

(4)広島(5)中日(6)DeNA

 「バーネットの穴」って言われてるけど、絶対に代わりに誰かが出てくる。先発投手の頭数がそろっていれば試合はつくれるし、新外国人もいるから、そこまで不安視することはないですよ。不安はあっても、その不安は解消されるはずです。それよりもヤクルトは打線という武器がある。バレンティンはちょっと張り切り過ぎてケガで開幕はダメみたいですけど、雄平がオープン戦から元気で結果が出ていますし、連覇への期待は十分に持てますよ。

 

佐野慈紀の予想

(1)阪神(2)ヤクルト(3)DeNA

(4)中日(5)巨人(6)広島

 オープン戦の順位を見ても分かるように、やっぱり阪神が良いですね。復帰した藤川球児が先発として結果を出していますし、投手の頭数がそろっている。抑えのマテオも楽しみですよ。キャンプの時点では未知数な部分がありましたけど十分にやれると思います。高山俊、横田慎太郎といった若手野手も好調でしたし、何より一番は、オープン戦とはいえ金本知憲新監督になって結果を残したというのが大きい。控えの選手もうまく競争させながら戦っていけるんじゃないかなと思います。

 

西山秀二の予想

(1)阪神(2)広島(3)巨人

(4)ヤクルト(5)DeNA(6)中日

セ・リーグの優勝予想は阪神! オープン戦での戦いを見ても、やっぱり今年の阪神は注目ですよ。新しい選手もアピールして、元々いた選手たちも刺激を受けて頑張ってるし、金本(知憲)監督がどのベテラン選手に対してでも遠慮なくビシッと言うから、それがチーム全体にいい緊張感を生んでいる。野村(克也)さんや星野(仙一)さんとはまた違って、「この監督はすごい」という尊敬の念で、今の時代に合ったうまいやり方で選手たちを動かしている。大きなケガ人も出てないですし、いい形で開幕できると思います。

 

山崎武司の予想

1位:巨人 2位:阪神 3位:ヤクルト 

4位:中日 5位:DeNA 6位:広島 

マイコラスが開幕に間に合わず、内海哲也杉内俊哉も使えない状態で、非常に厳しいと思うんだけど……オレは巨人ファンじゃないよ(笑)。今年は打線が投手陣をカバーするのかなと思うんです。去年サッパリだった阿部慎之助長野久義らが今年も打てないとは考えられない。そこに足でかき回せる重信慎之介が加わり、中軸には坂本勇人もいる。明るい兆しはあります。セ・リーグは全体的に投手のレベルが低く、結局、消去法で巨人になるんだよね。

(中略)

ヤクルトはバレンティンが戻ってきて、新加入の坂口智隆もいいバッティングをしている。打線の厚みと(神宮)球場の大きさを考えたら、相手にとって最も乗せたくないチームでしょう。何より、去年の優勝が自信になっている。常に好位置をキープできるチームだと思います。とはいえ、抑えのバーネットの抜けた穴は大きく、先発陣も確たる実績のある投手が少ない。そのあたりを考慮して3位にしました。

 

野口寿浩の予想

1位:阪神 2位:ヤクルト 3位:巨人 

4位:広島 5位:DeNA 6位:中日 

阪神は金本(知憲)さんが監督になって、チームの雰囲気が変わりました。これまで失っていた“一生懸命さ”“がむしゃらさ”は蘇っている。これってすごく大事なことなんです。ここ数年、阪神が勝ち切れなかったのは、チームの雰囲気に問題があったと思います。悪くいえば、格好つけているというか、甘えているというか……傍から見ると異様な雰囲気でした。それは金本監督が嫌うところであり、その効果がすぐに出ましたよね。

 戦力的に見ると、阪神は投手陣が強みです。メッセンジャー藤浪晋太郎岩田稔能見篤史の4本柱に、藤川球児が加わった。ブルペン福原忍が健在で、新戦力の高橋聡文とマテオも期待できる。マテオが呉昇桓(オ・スンファン)の代役になれるかは未知数ですが、スライダーは素晴らしいですよ。現状はスライダー頼みに見えるので、そこは捕手と相談しながら対応していけば頼れる存在になれるはずです。

 ヤクルトは、バレンティンが脇腹の肉離れで開幕が微妙になりましたが、去年ほどの離脱はないでしょうし、懸案だった1番に坂口智隆がはまりそうです。打線は間違いなくセ・リーグ屈指の破壊力を持っています。そうなると問題は投手陣です。そのなかで新人の原樹理がローテーションに組み込まれそうです。あそこまで思い切りインコースに投げられる投手はそういません。楽しみな投手です。あとは、バーネットの抜けた穴をどうするのかでしょうね。ほかの投手にしわ寄せがいく可能性があり、それがヤクルトを1位にできなかった理由でもあります。

 

野村弘樹の予想

1位:ヤクルト 2位:阪神 3位:DeNA
4位:巨人 5位:中日 6位:広島

 ヤクルトと阪神の差は僅差です。展開によっては、阪神の優勝も大いにあると思います。ただ、リリーフ陣の差でこの並びになりました。ヤクルトは、バーネット、ロマンが抜けましたが、秋吉亮、久古健太郎、オンドルセクといった昨年の経験者が残っており、去年の再現とはいかないでしょうが、そこまで一気に落ちるとは考えにくい。

 

以上、ネット上に記事が出ている評論家26人の予想です。概ね、巨人、阪神、ヤクルトをAクラス、DeNA、広島、中日をBクラスと予想している人が多いですね。

阪神を押している方のコメント読んでいただくと分かりますが、「金本監督効果による雰囲気」が理由の人が多いですね。それだけで優勝候補になるのかな?救援陣、結構弱いと思うけど。

まぁ昨年のヤクルトの優勝も真中監督効果ともいえなくもないし、どうなんでしょう。

 

阪神 - 13人

巨人 - 11人

ヤクルト - 3人

広島 - 1人

 

ヤクルトの優勝を予想したのは、前田幸長氏、ギャオス内藤氏、野村弘樹氏の3人。ヤクルトを優勝から外している人は、バーネットの穴を上げる人が多いですね。オンドルセク、ペレス、ルーキでなんとかやりくりできると思いますけど。

ヤクルトOBの宮本慎也氏はいつもヤクルトに対して厳しいのですが、今回はヤクルトに対するコメントも無し・・・ちょっと寂しいなぁ。

 

昨シーズンのヤクルトの優勝を予想できた人は江川氏くらいでした。さて今年は何人の正解者が出るのでしょうか。

注目の開幕戦は明日(3/25)18:00からです!

 

ではまた。

 

(以下追記)ヤクルトに3票、入りました!

張本勲の予想

 

1位・ヤクルト 2位・巨人 3位・阪神
4位・中日 5位・広島 6位・DeNA

ヤクルトは守護神バーネットの穴をどう埋めるかだが、総合力で半馬身ほど抜けているか。

 

 

石井一久の予想

1位・ヤクルト 2位・阪神 3位・巨人
4位・DeNA 5位・広島 6位・中日

ヤクルトは大本命まではいかないが、打線が一つ抜けている。バレンティンは開幕は不在だが昨季いなかった分の上積みがある。

 

吉村禎章の予想

1位・巨人 2位・ヤクルト 3位・阪神
4位・DeNA 5位・広島 6位・中日

私自身の経験から考えても、巨人打線が昨季に続いてあれほどの不振に陥るとは思えない。岡本ら若手も力を付けつつある。

 

東尾修の予想

1位・阪神 2位・巨人 3位・ヤクルト
4位・DeNA 5位・中日 6位・広島

金本監督率いる阪神は、呉昇桓の抜けた守護神が未知数だがどうか。

 

田淵幸一の予想

1位・阪神 2位・ヤクルト 3位・巨人
4位・広島 5位・DeNA 6位・中日

 阪神は金本監督の選手のやる気、競争心をあおるスタイルが浸透。02年、星野監督1年目の雰囲気を感じる。

牛島和彦の予想

1位・ヤクルト 2位・巨人 3位・阪神
4位・中日 5位・広島 6位・DeNA

ヤクルトは打線のレベルが高い。他チームに比べて一日の長があるか。

有藤通世の予想

 

1位・阪神 2位・ヤクルト 3位・巨人
4位・広島 5位・中日 6位・DeNA

 阪神は藤川の先発入りが好材料。金本監督が横田ら若手をカンフル剤として起用、活性化につながっている。