読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

2016年度 セ・リーグの順位予想

こんにちは。

新外国人選手トリオ(デイビーズ、ペレス、ルーキ)が揃ってナイスピッチングを続けているので、嬉しい半面、真中監督は選手選択に頭を悩ませているのではないでしょうか。

 

さて今回は「敵を知り己を知れば百戦危うからず」シリーズでの戦力分析を基にセ・リーグの順位予想です。

 

1位 東京ヤクルトスワローズ

まぁ、このブログ、ヤクルトを応援するのを主旨としていますから贔屓目なところはあると思います・・・しかし、ヤクルトと他チームの戦力を客観的に見比べてみても連覇できる可能性は十分にあると思っています。何と言っても売りは打線。バレンティンが期待通りの働きを見せれば昨年を上回る強力打線に。新外国人投手3人が、ロマン、バーネットを凌ぐ活躍を見せられれば、連覇がぐっと近づきます。

f:id:paradoxs:20160307132158p:plain

*エキスパートというのは代走、代打、守備固めなどで出てくる選手層と質

 

2位 読売ジャイアンツ

  マイコラスが開幕には間に合わない、内海が不調のままというマイナス点があるものの、救援陣の質・量はともにリーグ一。打線はギャレットが当たらないと厳しいが、クルーズが地味に活躍しそう。代打、代走、守備固め要因に適任が揃っているのは接戦で強い。

f:id:paradoxs:20160307132126p:plain

 

3位 広島東洋カープ

前田健太の退団、大瀬良の離脱と投手陣の柱が抜けたのは大きいが、それでもジョンソン、黒田、福井、野村が揃う先発陣は強力。センターラインに成績が計算できる野手が揃っており、チームバランスが良い。緒方監督も2年目となり、今年は新人監督達よりまともな采配が出来るはず。中継ぎ陣が奮起できれば、もっと上も狙える。

f:id:paradoxs:20160307132321p:plain

 

4位 横浜DeNAベイスターズ

投手陣の力が弱いのは否めないが、打線がチームを引っ張りそう。筒香は三冠王を狙えるような成績を収めそうですし、新外国人のロマックがかなり良い成績を上げると予想。梶谷-ロペス-筒香-ロマックと続く打線はヤクルトに引けを取らない。山口、井納、今永がどこまで先発投手として粘れるかが試金石に。

f:id:paradoxs:20160307132442p:plain

 

5位 阪神タイガース

先発ローテーションには頭数が揃うが、救援陣がかなり不安。マテオが守護神として活躍できれば、Aクラス入りも狙えるが、期待はずれに終わると・・・打線はヘイグ、髙山の内、最低一人はそれなりの成績を残してくれないと厳しい。また個人的に金本監督の「俺が現役の時にできたんだから、お前らもやれ」的スタイルが好きではない。

f:id:paradoxs:20160307131924p:plain

 

6位 中日ドラゴンズ

世代交代の過渡期がまだ終わっていない分計算が出来ない。山井、岩瀬、荒木らベテランの衰えが我慢できなくなるところまで落ちるのが早いのか、若松や高橋ら若手のブレイクがそれより早くやって来るのかによって成績に大きな差が出そう。

f:id:paradoxs:20160307132000p:plain

 

プロの専門家が予想しても当たらないので、こちらも気軽に予想しています。下位に予想しているチームを嫌っているわけではありませんのであしからず。

 

ではまた。