読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト こいつだけには打たれたくない打者に打たれ敗戦

こんにちは。

「絶対に負けられない戦いがここにある」とおきまりの煽り文句で始まったサッカーW杯の最終予選ですが、まさかのホームで敗戦。レフリーの判定に疑問が残る試合ではありましたが、チームにとってはかなり痛い結果でした。

 

さて、逆転でのCS出場に向けて一戦一戦が「負けられない戦い」のヤクルトですが、昨晩は首位独走中の広島に力負け。連勝とはいきませんでした。

 

先発石川は序盤からランナーを出す厳しい投球でしたが、持ち前の粘り強さで無失点で切り抜け援護を待ちます。するとここ最近好調の荒木が先制弾、鵜久森がタイムリーと石川を援護。これで石川のかわす投球で広島打線を術中にはめられると思った矢先、石川の方が落とし穴にはまってしまいました。

 

打点王争いでトップを走る新井にスリーラン、首位打者争いで2位の鈴木にはソロホームランと山田のタイトル争いにおいては絶対に打たれたくない二人に被弾したのは痛かった。しかも二死走者なしからの4失点ですから本当にもったいない。

昨シーズンのヤクルトのように、広島は上位打線を固定できており、田中・菊池・丸ときっちりと自分の役割を把握してプレーしているのは大きいですね。

 

それにしても阪神時代は併殺王の名を欲しいままにしていた新井の覚醒ぶりは、凄まじいですね。鈴木のように若い選手が突然ブレークする事はありますが、超が付くほどのベテランがここまで数字を上げてくるのは非常に珍しいケース。今年シーズンを棒に振った畠山にも同じような復活を期待したいものです。

 

残念ながら横浜が阪神を下したので、差は2ゲームに広がりました。

今日はデイビーズvs黒田と厳しいマッチアップですが、前回の黒田との対戦と違い、彼をよく打っている山田がいます。昨シーズンのように打って、走って黒田を攻略して欲しいですね。

 

ではまた。