読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 原樹理のローテ入りが決定!?

こんにちは。

春らしい陽気になってきたのに、この数日は寒い日が続いている東京です。

 

さて、今日のソフトバンクとのオープン戦、期待のルーキー原が先発し、5回を無失点に抑えました。ソフトバンクはほぼフルメンバーでしたので、非常に大きな自信になったのではないでしょうか。これで登板3試合、11イニングを投げて無失点。しかもわずか44球という球数の少なさも大きなプラス点。

小川、石川、館山に続く4番目のローテ入り確定と言ってもいいでしょう。

 

記事元

オープン戦ソフトバンク-ヤクルト、12日、ヤフオクドーム)ヤクルトのドラフト1位・原樹理投手(22)=東洋大=が先発し、5回3安打無失点。昨季日本一の鷹打線相手に、わずか44球の省エネ投球で5回を投げ切り、開幕ローテ入りを猛アピールした。

 先制点をもらってマウンドに上がった原樹は一回、先頭の本多を空振り三振に取るなど3者凡退に抑えた、二回は一死から長谷川に左前に運ばれ、続く松田の当たりを遊撃手・西浦が悪送球し一死一、二塁とピンチに。しかし、中村晃を二ゴロ併殺打に打ち取り、無失点に抑えた。

 四回、先頭の福田にこの試合初の四球を与え、続く柳田に左前に運ばれ無死一、二塁。しかし、内川を投直で併殺、二死一塁から長谷川を遊飛に打ち取り、ピンチをしのいだ。

 五回も一死から中村晃に左前に運ばれるも、続く今宮を遊ゴロ併殺。走者を許すものの崩れることがなかった。原樹はオープン戦3試合で計11イニング無失点とした。 

 

ローテンション投手の残り二枠をデイビーズ、成瀬、杉浦の3人が争うことになりますがどうでしょう。

 

今日の試合で気がかりだったのがオンドルセク。8回から1イニングの登板でしたが、3点を奪われ敗戦投手になっています。昨シーズンも春先は調子が悪かったのでそれほど心配はしていませんが、開幕に向けて調子を上げていって欲しいものです。他の外国人投手が好投を続けているので、いい刺激にはなるでしょう。

 

明日もソフトバンク戦。

まだ無敗のソフトバンクに土をつけ、士気を挙げてくれスワローズ!