読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 7回に同点にできていれば…

東京ヤクルト

こんばんは。

今日は日中気温が上がったので、流れるプールのある温水プールに行きましたが、文字通りイモ洗い状態。とても泳げるようなスペースはなく、ただただ水に浸かっているだけ。プールが空くのはもう少し先でしょうね。

 

さて今夜の広島三連戦の最終戦ですが、追撃及ばず敗れました。

 

ポイントは4点のビハインドで迎えた7回の攻撃。西浦の安打を取っ掛かりにチャンスを作り、西田、坂口の連続タイムリーで3点を返します。さらに荒木が坂口をバントで三塁に送り、一死三塁で同点のチャンス。ここで打席に入るのは、今日スタメン2番で起用された上田。

試合前にスタメン表を見た時、「何故上田が2番に?」と思ったのです。確か数試合前に良い場面でタイムリーを打ちましたが、それでも今シーズンの打率は2割以下。相手先発ヘーゲンスの対左打者の被打率が悪い、また坂口の休養(多分足を痛めている)もあり抜擢されたのだと思いますが、流石に今の実力、調子を鑑みれば2番は荷が重すぎると思いました。

案の定、坂口に代わり比屋根が代走に出ていたので、内野ゴロでも同点にできる場面で空振りの三振。続く山田も三振に倒れ、千載一遇のチャンスを逃しました。

上田を先発で使うくらいなら、藤井をセンターに、空いたサードには谷内を起用した方が良かったのではないでしょうか。川端、雄平、今浪と、左の好打者がこぞって抜けてしまっているので戦力低下は致し方が無いのですが、それなら左右を気にせず今の実力、調子で起用して欲しかった。

 

投手陣は、先発の山中が相性の悪さがそのまま出てしまい、3回途中までに4失点。ヘーゲンス同様、山中も対左打者の被打率が非常に悪く、田中、丸、松山、阿部と左打者を揃えられると厳しい。さらに遅球を持ち球とするので、走れる打者が多い広島にランナーを出されると盗塁等で揺さぶられやすく、打者に集中しにくくなってしまうんですよね。

今までならもう少し投げさせていたと思いますが、流石にシーズン終盤になり早めに継投。これは監督の良い判断でした。後を継いだ岩橋が完ぺきな投球を披露。その後に投げた中継ぎ陣も皆無失点に切り抜けていただけに、7回の攻撃が悔やまれます。

 

一ヶ月近く本塁打が出ていない山田ですが、 昨日今日と無安打。打つ瞬間には「(スタンドへ)行ったー」と思えるタイミングで振っているのに、微妙に芯を外されているケースが多いように見えます。彼が復調してくれないとCSの出場は厳しいですし、仮に出場しても勝ち抜けるのそのまた夢になりますから、何とか調子を取り戻してもらいたいものです。

 

今日の敗戦でDeNAと3ゲーム差で三連戦を迎えることになると思っていましたが、阪神DeNAを試合終盤に逆転勝利。阪神のおかげで、2ゲーム差のまま三連戦を迎えることが出来ます。

 

先発はおそらく由規、小川、石川で行くでしょう。最低でも勝ち越し、出来れば3連勝で一気にDeNAに追いついて欲しいですね。

 

てはまた。