読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト エース復活

こんばんは。

今日で8月も終わり。本当に時が経つのは早いもんですね。あと4ヶ月でお正月って想像できます?

 

さて、後半になって調子を上げてきた小川ですが、今日は特に素晴らしいピッチングを披露。小川にとっては今シーズン初の完封(チームでは山中に続いて2試合目)、また自身初の3試合完投勝利と言うことなしの内容でした。

前半戦の不甲斐ない投球が続いていた時には、「小川はもうエースとは認めない」と辛辣なコメントを書いていましたが、最近の投球を見ればエース復活と言わざるをえないでしょう。夏場で救援陣に疲労がたまっている時期に一人で投げきってくれるのは本当に助かっているはずです。

この一週間で山中、小川が完投、石川もニアリー完投と前半戦の投壊は何だったのか?と突っ込みたくなる程の安定感。9月のCS争いに向けて万全の体制で臨めそうです。

 

攻撃陣も11安打と気を吐きました。大量得点とはいきませんでしたが、チャンスできっちりとタイムリーが出ましたし、珍しく足でかき回しての得点もあり、富山のヤクルトファンも満足したことでしょう。

特に嬉しかったのは上田のタイムリー。正直、満塁でバレンティンがアウトになり、低打率にあえぐ上田が打席に立ったので(私は今浪を代打に出すべきと思っていた)期待をしていなかったのですが、起死回生のライトオーバーのツーベースヒット。ベテラン、若手に比べ存在感が薄かった中堅陣も活躍してくると、ジェット噴射となりAクラス入りがグッと近づいてくると思います。

 

明日は移動日で、明後日からは首位広島戦。ここまでブレーキというブレーキが無いまま首位を独走する広島。ここに来て更にその勢いが増していますが、ヤクルトもこの大切な時期に負けるわけにはいきません。好調チーム同士のがっちりと組んだ好ゲームを期待しましょう。

 

ではまた。