読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 4連勝ヤ!

東京ヤクルト

こんばんは。

熱中症の後遺症が未だ取れず、日を避けて生活しているパラドックスです。

 

さて、今日は山中の好投で巨人打線を抑え、これで4連勝。本当に投打がかみ合ってきました。

山中はギャレットに打たれた一発を除けばほぼ完璧な内容。ギャレットに一発さえ打たれなければ完投も狙えましたが、援護点が少なかったこともあり、7回を投げきって降板。

 山中を継いだ、ルーキが今日はキレキレでしたね。特に橋本に投げていたストレート、フォークともに最高の球でした。

それにしても、比屋根のポカは何とかならないですかね。先日4安打した試合でもミスしてますし、オンドルセク事件も発端は彼の守備。基本的に守備力によって出場機会を得ている選手なのですから、あのようなイージーミスは絶対に犯してはいけません。ライバルの上田もポカが多いですが、こんな事をしていると、二人揃って山崎にその座を奪われることになるでしょう。

 

打線は安打は出ていますが、巨人にとどめをさせる場面を何度も逃してましたね。特に無死満塁のチャンスを迎えた5回はせめて一点はとって欲しかった。

納得いかないのは、バレンティンがストライクカウント3-0の場面で、簡単にど真ん中のストライクを見逃したところ。どうもバレンティンはこのストライクカウントになると、全く打ち気を見せずに見逃すことが多いのですが、甘いボールのことが結構多い。今日もファールフライに打ち取られたボール気味の球よりも、明らかに見逃した球の方が真ん中でした。彼が下位打線を打つような打者なら、一球待ってフォアボール狙うというのもありだと思いますが、彼は主力の中の主力打者で、打ってナンボの選手なのですから、3-0の場面でも甘い球は打ちに行ってもらいたいものです。

 

これで巨人に連勝し、7月末に3連敗の煮え湯を飲まされたおかえしをする絶好のチャンス。明日こそは館山のピリッとした投球を期待したいですね。

 

ではまた。