読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

山田哲人の記録はどこまで偉人達に迫っているのか

こんにちは。

今日も東京は暑いですね。流石に日中は冷房を使わずにはいられなくなってきました。

 

さて、ヤクルトはシーズン総試合数の約6割に当たる86試合を終えました。御存知の通り、「ヤクルトの至宝」山田が三冠王+2年連続トリプルスリーの獲得に向けて順調に数字を伸ばしていますが、このどこまでも止まらない山田が過去の偉人達の記録のどこまで迫っているのか、今回は確認しておきましょう。

 

■打率

順位選手(所属)打率年度打数安打
1 バース (阪  神) .389 (1986) 453 176
2 イチロー (オリックス) .387 (2000) 395 153
3 イチロー (オリックス) .385 (1994) 546 210
4 張本 勲 (東  映) .3834 (1970) 459 176
5 大下 弘 (東  急) .3831 (1951) 321 123
6 クロマティ (巨  人) .3781 (1989) 439 166
7 内川 聖一 (横  浜) .3780 (2008) 500 189
8 川上 哲治 (巨  人) .377 (1951) 374 141
9 中根 之 (名 古 屋) .376 (1936秋) 93 35
10 ブルーム (近  鉄) .374 (1962) 401 150
11 谷沢 健一 (中  日) .3694 (1980) 425 157
12 岡村 俊昭 (近畿日本) .3692 (1944) 130 48
13 ローズ (横  浜) .3685 (1999) 521 192
14 落合 博満 (ロ ッ テ) .367 (1985) 460 169
15 広瀬 叔功 (南  海) .3662 (1964) 456 167
16 新井 宏昌 (近  鉄) .3658 (1987) 503 184
17 加藤 英司 (阪  急) .364 (1979) 448 163
18 クロマティ (巨  人) .3630 (1986) 471 171
19 柳田 悠岐 (ソフトバンク) .3625 (2015) 502 182
20 藤村 富美男 (阪  神) .362 (1950) 527 191
21 中島 治康 (巨  人) .36129 (1938秋) 155 56
22 小鶴 誠 (大  映) .36127 (1949) 501 181
23 与那嶺 要 (巨  人) .3605 (1954) 477 172
24 落合 博満 (ロ ッ テ) .3597 (1986) 417 150
25 小笠原 道大 (日本ハム) .3595 (2003) 445 160

歴代最高記録 打率 【シーズン記録】 | NPB.jp 日本野球機構

 

現在の山田の打率は.353。7月に入り.517と驚異的な打率で成績を伸ばしてきましたが、それでもまだ歴代上位25位までに入りません。ただ山田は毎年夏以降になると成績を大きく伸ばしてきますので、シーズン終了後に名前が入ってくる可能性は十分にあります。それにしても1986年のバースは凄いですね。本塁打も放ちながらイチローを超える打率ですから。

 

本塁打

 

順位選手(所属)本塁打年度試合打数
1 バレンティン (ヤクルト) 60 (2013) 130 439
2 王 貞治 (巨  人) 55 (1964) 140 472
2 ローズ (近  鉄) 55 (2001) 140 550
2 カブレラ (西  武) 55 (2002) 128 447
5 バース (阪  神) 54 (1985) 126 497
6 野村 克也 (南  海) 52 (1963) 150 550
6 落合 博満 (ロ ッ テ) 52 (1985) 130 460
8 小鶴 誠 (松  竹) 51 (1950) 130 516
8 王 貞治 (巨  人) 51 (1973) 130 428
8 ローズ (近  鉄) 51 (2003) 138 508
11 王 貞治 (巨  人) 50 (1977) 130 432
11 落合 博満 (ロ ッ テ) 50 (1986) 123 417
11 松井 秀喜 (巨  人) 50 (2002) 140 500
11 カブレラ (西  武) 50 (2003) 124 457
15 王 貞治 (巨  人) 49 (1968) 131 442
15 王 貞治 (巨  人) 49 (1974) 130 385
15 王 貞治 (巨  人) 49 (1976) 122 400
15 ブライアント (近  鉄) 49 (1989) 129 494
15 カブレラ (西  武) 49 (2001) 139 514
15 ラミレス (巨  人) 49 (2010) 144 566
21 王 貞治 (巨  人) 48 (1966) 129 396
21 王 貞治 (巨  人) 48 (1972) 130 456
21 掛布 雅之 (阪  神) 48 (1979) 122 468
21 マニエル (近  鉄) 48 (1980) 118 459
21 中村 剛也 (西  武) 48 (2009) 128 501
21 中村 剛也 (西  武) 48 (2011) 144 525
27 王 貞治 (巨  人) 47 (1967) 133 426
27 王 貞治 (巨  人) 47 (1970) 129 425
27 バース (阪  神) 47 (1986) 126 453
27 タイロン・ウッズ (中  日) 47 (2006) 144 523
27 ブラゼル (阪  神) 47 (2010) 143 564
32 藤村 富美男 (阪  神) 46 (1949) 137 563
32 西沢 道夫 (中  日) 46 (1950) 137 562
32 中村 紀洋 (近  鉄) 46 (2001) 140 525
32 ローズ (近  鉄) 46 (2002) 138 534
32 松中 信彦 (ソフトバンク) 46 (2005) 132 483
32 村田 修一 (横  浜) 46 (2008) 132 489
32 中村 剛也 (西  武) 46 (2008) 143 524
39 田淵 幸一 (阪  神) 45 (1974) 129 407
39 ソレイタ (日本ハム) 45 (1980) 125 447
39 ローズ (巨  人) 45 (2004) 134 523
39 タイロン・ウッズ (横  浜) 45 (2004) 130 476
39 ラミレス (巨  人) 45 (2008) 144 548

 

歴代最高記録 本塁打 【シーズン記録】 | NPB.jp 日本野球機構

 

山田の現在本塁打数は29本。143試合計算をすると48.2本となります。このペースを維持すると、21位前後に入ってきます。周りを見ると典型的な本塁打打者ばかり。出来れば日本人として2002年松井以來の50本塁打を達成して欲しいものです。

 

■打点

 

 

順位選手(所属)打点年度試合
1 小鶴 誠 (松  竹) 161 (1950) 130
2 ローズ (横  浜) 153 (1999) 134
3 今岡 誠 (阪  神) 147 (2005) 146
4 藤村 富美男 (阪  神) 146 (1950) 140
4 落合 博満 (ロ ッ テ) 146 (1985) 130
6 タイロン・ウッズ (中  日) 144 (2006) 144
7 藤村 富美男 (阪  神) 142 (1949) 137
8 ブランコ (DeNA) 136 (2013) 134
9 西沢 道夫 (中  日) 135 (1950) 137
9 野村 克也 (南  海) 135 (1963) 150
11 青田 昇 (巨  人) 134 (1950) 137
11 バース (阪  神) 134 (1985) 126
13 中村 紀洋 (近  鉄) 132 (2001) 140
14 ローズ (近  鉄) 131 (2001) 140
14 バレンティン (ヤクルト) 131 (2013) 130
16 ブーマー (阪  急) 130 (1984) 128
17 川上 哲治 (巨  人) 129 (1949) 134
17 大杉 勝男 (東  映) 129 (1970) 130
17 マニエル (近  鉄) 129 (1980) 118
17 ラミレス (巨  人) 129 (2010) 144
21 岩本 義行 (松  竹) 127 (1950) 130
21 ペタジーニ (ヤクルト) 127 (2001) 138
23 別当 薫 (阪  神) 126 (1949) 137
24 長嶋 茂雄 (巨  人) 125 (1968) 131
24 門田 博光 (南  海) 125 (1988) 130
24 金本 知憲 (阪  神) 125 (2005) 146
24 ラミレス (巨  人) 125 (2008) 144

 歴代最高記録 打点 【シーズン記録】 | NPB.jp 日本野球機構

 

現在の打点数は73で、シーズン121打点ペース。シーズン当初の3番から4番に打順が移り、走者を置いての打席が増えてきました。彼の前には坂口、川端とヒット名人が揃っていますから、順調に行けば、ランクインしそうです。希望を言えば球団記録となる、バレンティンの131を超えて欲しいですね。

 

■盗塁

 

順位選手(所属)盗塁年度試合
1 福本 豊 (阪  急) 106 (1972) 122
2 福本 豊 (阪  急) 95 (1973) 123
3 福本 豊 (阪  急) 94 (1974) 129
4 河野 旭輝 (阪  急) 85 (1956) 144
5 木塚 忠助 (南  海) 78 (1950) 116
6 松本 匡史 (巨  人) 76 (1983) 125
7 福本 豊 (阪  急) 75 (1970) 127
8 金山 次郎 (松  竹) 74 (1950) 137
9 高橋 慶彦 (広  島) 73 (1985) 130
10 広瀬 叔功 (南  海) 72 (1964) 141
11 鈴木 武 (近  鉄) 71 (1954) 132
12 柴田 勲 (巨  人) 70 (1967) 126
12 福本 豊 (阪  急) 70 (1978) 130
12 高橋 慶彦 (広  島) 70 (1983) 124
15 福本 豊 (阪  急) 67 (1971) 117
16 河西 俊雄 (南  海) 66 (1948) 138
17 赤星 憲広 (阪  神) 64 (2004) 138
18 金山 次郎 (松  竹) 63 (1952) 117
18 福本 豊 (阪  急) 63 (1975) 130
20 福本 豊 (阪  急) 62 (1976) 129
20 松井 稼頭央 (西  武) 62 (1997) 135
22 宮崎 剛 (大  洋) 61 (1950) 139
22 レインズ (阪  急) 61 (1953) 120
22 島野 育夫 (南  海) 61 (1973) 130
22 福本 豊 (阪  急) 61 (1977) 130
22 簑田 浩二 (阪  急) 61 (1978) 125
22 松本 匡史 (巨  人) 61 (1982) 113
22 赤星 憲広 (阪  神) 61 (2003) 140
29 福本 豊 (阪  急) 60 (1979) 128
29 大石 大二郎 (近  鉄) 60 (1983) 130
29 赤星 憲広 (阪  神) 60 (2005) 145
29 本多 雄一 (ソフトバンク) 60 (2011) 144

歴代最高記録 盗塁 【シーズン記録】 | NPB.jp 日本野球機構

現盗塁数は19個。シーズン31.5個ペース。打点とは逆にランナーを置いての打席が増えた分、盗塁企図数が大きく減っていますし、脚に故障があるようなので、盗塁数でランクインするのはほぼ無理そうです。上位にいるメンバーを見ると単打&盗塁型の選手が殆どで、長打も打てる山田は将来的にも厳しいでしょうね。ここには比屋根や上田が入ってきて欲しいのが本音です。

 

 

こうやって見ると個別の数字には上には上がいますね。ただ三冠王盗塁王、2年連続トリプルスリー、40+40などパワー&スピードが求められる記録を狙えるのが山田の魅力。将来的には個別の記録でも全トップ(盗塁を除く)を狙って欲しいなぁ。

 

シーズン終了後にどこまで数字を伸ばしてしているか今から楽しみです。

ではまた。