読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト ようやく広島を止める

こんばんは。

 

11連勝と勢いが止まらなかった広島をようやく止める事が出来ました。最後はヒヤヒヤでしたけどね。

 

今日は投手陣がよく頑張りました。今季初先発となった村中が試合をつくり、後を継いだ平井が相手へ流れが傾くのをビシッと止める好投。ルーキ、秋吉も何とか無失点でつないで勝利を掴みとりました。私にとってのMOMは平井ですね。

広島に2点返され、しかもヤクルトは満塁のチャンスで追加点が取れず嫌な流れが漂っている中、ほぼ完璧な投球を披露。復帰後初めて2イニング投げましたが3三振を奪い、今のリリーフ陣の中で一番安定していますね。無理して投げて離脱するのだけは避けて欲しいですが、これだけ素晴らしい投球を見せられると、頻繁に使いたくなる気持ちが出ちゃいますね。

 

打線では雄平が二本のタイムリーを放ち、村中を援護。早めに点を取ってくれた事で、精神的にかなり助けられたのではないでしょうか。

 

追加点のチャンスになかなか点を入れられませんでしたが、9回に山田が貴重な犠飛。ランナー一三塁から一塁走者の川端が盗塁し二三塁となったので敬遠されると思ったのですが、相手のミスかバットの届くところに投げてきたのを見逃さず犠飛を打ち上げました。

もしこの一点がなかったら逆転されていたかもしれない貴重な得点でした。

 

この三連戦は絶対に勝ち越したかったのですが、結果的には負け越し。流石に優勝は難しくなりましたが、まだまだCSへの出場は可能ですし、今は快走している広島だって何をきっかけに落ち込むかわかりません。

ヤクルトとしては離脱者が続くものの、失点数は減ってきました。他のチームも決め手が欠いているので、一つ一つ目の前の試合を拾っていき、シーズン終盤まで粘って欲しいと思います。

 

ではまた。