読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 連勝!連勝♪連勝〜

こんにちは。

今日は今朝から気温が上がり、東京でも30度を超える気温となりましたが、神宮球場のライトスタンドはもっと熱くなったのではないでしょうか。

 

交流戦で初の勝ち越しを決める勝利。実に5月25・26日以来となる連勝となりました。

しかも2試合続けてヤクルトのテンプレート勝ち。最終回のオンドルセクは最近では最も安定した投球で、安心してみていることができました。ある程度試合展開が読める中での準備が出来ると、試合に入りやすいのかも知れませんね。5月後半からは試合展開が全く読めない荒れた試合が多く、突然出番が発生していたりしましたが、昨日今日のように先発が試合を作ってくれると、オンドルセクに限らずブルペン陣は心体共に準備できますし、余分なブルペン投球が少ない分、翌日への影響も少ないはずです。

 

その好投したデイビーズですが、勝ち星をつけてあげたかったですね。飯原がボールを見失わなければ、勝ち投手の権利を持ったまま降板できたのですから。今日の投球結果で次回の登板は交流戦後の中日戦に回ってきそうですから、そこで雪辱を晴らしてもらいたいものです。

 

飯原は一昨年の小川が二桁勝利をかけた試合でもチョンボを犯し、勝ち投手の権利を奪ってしまいました。それでも今日はそのミスの後、犠打を同点の足がかりを作ったり、得点には繋がらないものの二塁打を放ったり、何とかミスを取り返そうという姿勢がヒシヒシと伝わってきました。是非デイビーズには借りをバットで返してもらいたいですね。

 

怪我人続出のヤクルトですが、怪我の功名と言えるのが西田の活躍。今日も貴重な先制タイムリーを打ってくれました。アウトになった打席でも内容がよく、明日以降も期待できそうです。

また西田の活躍に刺激を受けているのが中村。西田が活躍するようになってから、尻に火が付いたのか、いい場面での一打が目立っています。二人で切磋琢磨し、恐怖の下位打線を形成して欲しいと思います。

 

明日は久々に杉浦が先発。中継ぎではいいところなく2軍に降格していましたが、得意の先発に戻りどのようなピッチングを見せてくれるか楽しみです。彼がローテーションに入ってくれるようだと、真中監督の悩みも少しは緩和されるはず。

 

ここからの巻き返しを目指して、

GO GO スワローズ!

 

ではまた。