読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 4番がブレーキになったら、今のヤクルトは勝てない

こんばんは。
今年のオールスターゲームの中間発表がされましたね。今の所、中村、山田、川端が各ポジションでトップに立っています。ネットからも投票できるので、興味のある方は↓からどうぞ。

さて、今夜のゲームですが、4番バレンティンが完全にブレーキで、追いつけるチャンスをことごとく逃し敗戦となりました。

5回の無死一二塁ではサードへの併殺打、7回の一死一二塁では三振、最終回の二死一二塁では捕弱飛と良いところがありませんでした。
特に7回の打席では、スリーボール、ノーストライクからの三振する場面。スリー・ワンからショートバウンドする釣り球の変化球を空振りし、「あぁ、これ三振するなぁ」と思ったら案の定。谷元はストライクすら取るのに苦労しているのに、みすみす打ち気にはやってボール球に手を出しているようでは相手の思う壺。少し冷静になって見逃せば四球+満塁でしたので非常に残念な打席でした。

先発の石川にはかける言葉もありません。コントロールが生命線なのに3回までに3四球。自分自身で追い詰めては打たれるのですから、ベンチもお手上げです。今年は神宮以外で一度も勝てずに終わるつもりなのでしょうか。

唯一良かった点は松岡の頑張り。石川の不甲斐ない投球を継いで、よくゲームを作りました。彼の粘りがなければワンサイドゲームになっていたことでしょう。

明日は両チーム勝ち越しを掛けての3連戦最終戦。成瀬が5回3失点に抑えてくれることを願いましょう。

ではまた。