読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 西武にリベンジ、オリックスをカモに交流戦を乗り越えろ

こんにちは。

今日からはペナントレースの第二幕、交流戦がスタートします。昨シーズンはDeNAが首位で交流戦に突入しましたが、そこでパ・リーグのチームに完敗し、全ての貯金を使い果たすという衝撃的な順位変動がありました。今年もパ・リーグのチームが優位との前評判が高いですが、どのような結果が待ち受けているのでしょう。

 

簡単にヤクルトの戦績をおさらいしておきましょう。

 

対 日本ハム

2015年 1勝1敗1分

通算  21勝23敗3分

 

対 オリックス

2015年 2勝1敗

通算  28勝18敗1分

 

対 楽天

2015年 1勝2敗

通算  25勝21敗1分

 

対 ロッテ

2015年 2勝1敗

通算  24勝23敗

 

対 ソフトバンク

2015年 1勝2敗

通算  17勝28敗2分

 

対 西武

2015年 1勝2敗

通算  17勝30敗

 

全通算

2015年 8勝9敗1分

通算  132勝143敗7分 (勝率.480)

 

日本ハム楽天、ロッテとはほぼ互角。オリックスには大きく勝ち越していますが、逆にソフトバンク、西武には大きく負け越しています。

 

ソフトバンクは通算成績で勝率.616と驚異的な強さを見せています。今年も既にぶっちぎりの首位に立っており、セリーグ球団が勝ち越すのはなかなか難しいのではないでしょうか。投打ともに穴がなく、控え選手を含め選手層の厚さが全く違います。セ・リーグのオールスターチームで対戦して調度良いのではと思うほどの充実ぶりです。ヤクルトも勝ち越せるイメージが湧きません。

 

それよりもヤクルトが改善すべきは西武戦。西武の通算勝率は丁度5割なのに、ヤクルトは13もの貯金を許しています。今年の西武は変わらず打線は強力ですが、エラーや細かい判断ミスで試合を落とすことが多く、常にちぐはぐな試合をしている印象です。またエースの岸が離脱中で、ヤクルトが対戦するまでに戻ってこれるかは不透明。両チームとも攻撃に比重をおいているので、派手な打ち合いを制し、今年こそはリベンジを果たしたい所。

 

ヤクルトが最も得意としている相手はオリックス。開幕直後は全く本塁打が出ず、超貧打打線と揶揄されていましたが、ここに来てT岡田、糸井に当たりが出始め警戒を強めなければなりません。ただ例年以上に投手陣のできが悪く、防御率はリーグ最下位の4.75。最悪防御率対決でこちらも派手な打ち合いになるのか、それとも投手陣が意地を見せるのかが試合の焦点です。(今のヤクルトはどこのチーム相手にも打ち合いを挑むしかないですけどね・・・)

 

 

四国IL徳島からハ・ジェフン外野手の入団も決まり、準備は整いました。優勝や貯金を作って欲しいなんて贅沢は言いません。5割でOK。5割で終わらせることが出来れば、1つ2つは順位が上がっているはずです。

 

GO GO スワローズ!

ではまた。