読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト またももつれた試合を制し、二夜連続のサヨナラ勝ち

こんばんは。

小川vs藤浪で本来ならエース同士の投手戦を期待したいところですが、どちらの投手もだらしがないというか、気合が足りないというか、グデグデの投球で、今日ももつれた試合になりました。

昨日二本の本塁打を放ったバレンティンが今日も好調で、先制タイムリーに2点本塁打と主砲としての役割を果たします。
が、「かつてエースと呼ばれた事もある」小川がすぐに反撃を喰らいます。ゴメス、福留、原口とクリーンアップにそれぞれソロホームランを打たれ同点に。福留と原口の本塁打はレフトスタンドに入ったのですが、その時に打球を追っていたバレンティンの顔。「お前どんだけ打たれたら気がすむんだ⁈」と言わんばかりの表情でしたね。ホント気持ちわかりますよ。打っても打っても、直ぐに追いつかれるんですから。

そこから5番に移って少し調子が戻ってきた川端が1号ツーランホームランを打ちますが、またも直ぐに反撃をくらい同点に。勝っても負けても9回を投げ切る事をファンも監督も、そしてブルペン陣も望んでいたと思いますが、結局6回5失点で降板。
昨日と同じく、秋吉-ルーキ-オンドルセクの力を借りる事になります。

3人とも疲れが相当溜まっていると思いますが、今日は無失点で切り抜け、畠山のサヨナラ安打につなげられました。
調子を落としていた川端、畠山に当たりが戻りつつあるのは、今後に向けて明るい材料ですね。
バレンティン、坂口が去年の打線に加わった割に打線がつながっていませんが、この2人が復調してくれれば、必然的に得点は伸びるでしょう。
あとは中村ですが、こちらは重症ですね。今は西田の方がまだ期待できます。

この三連戦、どの試合ももつれにもつれました。ヤクルトのチーム状況も悪いですが、阪神もそれに負けじとひどい状況。真中監督にも金本監督にも「お疲れ様でした。大変でしたね。」と声を掛けてあげたくなるような三連戦でした。

明日からはナゴヤドームで中日三連戦。何度も言いますが、救援陣はヘロヘロになっていますので、先発投手は一イニングでも、ワンアウトでも多く投げられるよう奮起をしてもらいたいものです。

ではまた。