読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヤクルトを応援するブログ+α

親子で応援している東京ヤクルトスワローズの試合内容、編成等について自由気儘に書いています。

東京ヤクルト 開幕投手は小川に決定

こんにちは。昨晩は久しぶりにテレビでナイター中継を見ましたが、やっぱり野球は楽しいなぁ、と実感したパラドックスです。

(昨日のエントリーでオープン戦開始と書きましたが、既に広島と2試合していましたね。練習試合と勘違いしておりました。失礼致しました)

 

さて、昨日の試合の後に今年の開幕投手は小川に決めたことを真中監督が発表しました。

記事元

ヤクルトの小川が3月25日の巨人との開幕戦(東京ドーム)で、3年連続の開幕投手を務めることが決まった。27日のオープン戦に登板後、真中満監督から伝えられた。

 この日、開幕戦の相手でもある巨人戦に先発し2回を投げ3安打1失点。初回に2死から坂本、ギャレット、クルーズの3連打で1点を失ったが、2回は2回は3者凡退に抑え「試合の中で修正できた」と振り返った。

 小川は18日に行われた韓国・SKとの練習試合で今季初の実戦登板をし2回4安打2失点と不安が残る出来。そのため真中監督はチーム最年長の36歳左腕・石川も開幕投手候補と語っていたが、この日の復調で、「球自体は悪くない。心配していない」と大役を任せることを決意した。

 小川も「責任を感じ、1年間の軸として投げ抜きたい」と意気込んでいた。 

 元々決まっていたのかもしれませんが、石川への配慮、小川へ緊張感を持たせるために昨日まで発表を控えていたのかもしれませんね。これからの3~5年を見据えた場合、石川、館山に頼ってはいられないですから、ヤクルトのエースとして小川には引っ張っていって欲しいと思います。

 

それと昨日の試合で、昨年のドラ1である竹下は1軍では厳しいというのが浮き彫りになりましたね。ほとんどストレートでしかストライクが取れず、それを狙い打ちされて失点。そのストレートも145Km/h出ているのなら力で抑えられるのでしょうが、140km/h出るか出ないかですからこれでは1軍のバッターを抑えられません。もう一度2軍に戻り、まずは変化球でストライクを取れるよう練習して欲しいものです。

 

最後にバーネットの記事が出ていましたので紹介しておきます。

【MLB】前ヤクルトのバーネット、地元メディアに“日本愛”明かす 「大好きだった」 (Full-Count) - Yahoo!ニュース

バーネット、いいやつだなぁ。メジャーでも頑張れよ。

 

ではまた。